顔のたるみ、ボディのタルミついて。

いつの間にか気になってくる肌やボディの悩みの中でも、特に多いのが肌のたるみとボディのタルミだと思います。特にほほの部分がたるんでしまうと、太って見えてしまうし、年齢が上に見られてしまう時もあるかもしれません。ボディの場合は、特に二の腕あたりは年齢を重ねるとたるんでくるものです。女性にとって、これは何とかしたいと思う深刻なことですよね。できれば、顔の場合は、たるんでしまう前から毎日のリフトアップのためにフェイスマッサージを行うようにするのが効果的とされています。あとは、なるべく表情を豊かに毎日を過ごすようにするのも良いとされています。笑うことは、口角を上げることになり、そうすると顔全体が上へ上がり、顔のちょっとした体操のような効果があるのだそうです。ボディの場合は、腕を締めるように意識しながらバッグを持つと、二の腕あたりが引き締まるので、タルミに効果的だそうです。

加齢によるタルミを解決するたるみ除去手術

年齢を重ねると顔の皮膚が重力に負け、下に垂れ下がってきます。目の下のたるみ、目じりのしわ、目のくぼみなどが目立ってきて、年を取ったと実感する人も多いです。若返りを期待して、口コミで評判のいい高額な美容液を塗り込んだりして必死に抵抗しても、納得した効果が得られる人は少なく、そうなると美容外科での手術という選択肢を選ぶ人もいます。タルミを無くすには、オペで解決する方法と、メスを使わずに解決する方法があります。切開でたるみを無くす手術は、余った皮膚を切り取り、縫合してつなげるのが一般的です。メスを使用しない方法には、自分の余った脂肪やヒアルロン酸を注入したり、特殊な糸を皮膚の下に埋め込んで吊り上げる方法などがあります。これらの手術は日帰りででき、その日のうちにメイクも可能です。最近は医療技術が進み、どの手術も傷跡が目立たなく、綺麗な仕上がりになります。

たるみを治すフェイスリフト術でタルミ解決

顔のタルミを解消するアンチエイジングに関わる美容外科クリニックのメニューは沢山あります。一番有名なのはリフトアップ手術です。最近は美容整形の敷居が低くなり、以前よりリフトアップに対して抵抗なくできるようになっています。もっとも海外では中年女性のフェイスリフト手術は偏見もなく普及していて、日本人もそれに追いついてきていると言えます。フェイスリフト術はクリニックによって手術方法が違います。本格的な手術になると、耳の横のこめかみの部分を切開し、たるんだ皮膚を上の方に引っ張り上げます。本格的な手術になるだけにリスクも大きく、信頼のおける腕のいい医者に手術してもらうことが大切です。費用はクリニックによりますが、百万円くらいはします。他には皮膚の下に注射により糸を埋め込んで皮膚を引っ張り上げる手術や、一番手軽なのにはヒアルロン酸でたるみをなくすプチ整形もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*